教育モデル

京都大学 | 三重大学 | 滋賀医科大学 | 大阪医科大学 | 京都薬科大学

滋賀医科大学- 教育内容の特色

 滋賀医科大学は、医学系研究科博士課程の再生・腫瘍解析系に、がんプロフェッショナル養成基盤推進プランを設置し、その中に「新しいがん診断・治療法開発を担う研究者養成コース」「新しい外科医療開発・応用を担う研究者養成コース」「地域のがん薬物療法を支える薬剤師養成コース」「地域の放射線治療を支える専門医養成コース」を設置しています。

 全コース科目に必修科目として「がん基礎学」「緩和ケア学」、選択科目として「腫瘍薬剤学」「医療統計学」を設置し、がん専門医療人として、がんにおける基礎的な知識を身につけ、各コース科目における必修科目を修得し、がん専門医療人の育成を目指します。

 また、インテンシブコースに「高度放射線治療を担う医療人養成コース」「地域のがん薬物療法を支える薬剤師養成コース」を設置し、短期受け入れ実習、セミナー等を開催し、地域医療に貢献する人材を育成します。

1:新しいがん診断・薬物治療法開発を担う研究者養成コース

(1)概要:

 がんの薬物療法に精通したチーム医療を担うスタッフ等(医師、看護師等の医療技術者もしくは研究者)であるとともに、がんの新たな診断・治療薬開発研究に従事することができる高度かつ学際的な研究能力を備えた人材を育成する。

(2)講義科目

 がん薬物療法学、外来化学療法学、血液内科学、消化器内科学、呼吸器内科学、小児科学、皮膚科学、消化器外科学、乳腺・一般外科学、呼吸器外科学、整形外科学、耳鼻咽喉科学、女性診療科学、泌尿器科学、眼科学、放射線科学、歯科口腔外科学、放射線治療学、遺伝統計学

(3)在学中に行うこと

  • ①学会・機構の定める診療実績
  • ②学会・機構認定の学会・セミナーの参加。がん治療認定医試験合格
  • ③各科の基本となる学会の認定医あるいは専門医の修得(入学前・卒業後でも可)
  • ④臨床腫瘍学に関連した論文一遍、および日本臨床腫瘍学会での発表一編(共著可)
  • ⑤機構の認める学会、期間内におけるがん診療に関連した論文一編、及び学会発表2編

2:新しい外科医療開発・応用を担う研究者養成コース

(1)概要

 がんの手術療法開発の研究者及び新しい手術療法を実践する外科医、専門医、一般企業の研究員や工学系研究人を対象とする。新たな手術方法・機器システム研究開発に従事し、新治療法を確立し医療に反映できる研究能力を備えた人材を育成する。また、消化器や乳腺・一般外科等の専門医育成も目的とする。

(2)講義科目

 病態制御学、臓器機能制御学、腫瘍制御学、実験動物学、生態材料学、生態物理医学、医用光工学、臓器移植学、ロボティクス、人工臓器学、人間工学、免疫学方法論、遺伝子工学、組織工学、皮膚科学、消化器外科学、乳腺・一般外科学、呼吸器外科学、整形外科学、脳神経外科学、耳鼻咽喉科学、女性診療科学、泌尿器科学、眼科学、放射線科学、歯科口腔外科学、放射線治療学

(3)在学中に行うこと

 外科の臨床を行い、術者を経験する。乳腺外科の臨床を経験する。それぞれに関連した研究を行う。

3:地域のがん薬物療法を支える薬剤師養成コース

(1)概要

 がん化学療法、支持療法、緩和薬物療法等、がん薬物療法全般に精通し、がん拠点病院と地域中核病院や保険薬局に勤務する薬剤師との連携を図りながら、薬剤業務の質的向上と地域医療における臨床問題(研究課題の設定も含む)の解決に貢献できる薬剤師の育成を目的とする。

(2)講義科目

 臨床腫瘍薬剤学、臨床腫瘍学、外来化学療法学

(3)在学中に行うこと

  • ①がん薬物料歩に関連した研究を行う
  • ②がん薬物療法の実務に携わる

4:地域の放射線治療を支える専門医養成コース

(1)概要

 基礎的な放射線治療法に習熟しているばかりでなく、定位放射線治療、強度変調放射線治療などの高度放射線治療にも 対応できる高い知識と技能を持った放射線治療医、及び地域医療機関での放射線治療の質的向上のために、他職種とのチーム医療や教育にも熱意と能力を持った放射線治療医を育成する。

(2)講義科目

放射線腫瘍学・画像応用治療学、高精度放射線治療学、基礎腫瘍学、腫瘍診断学

(3)在学中に行うこと

  • ①日本医学放射線学会の認定医修得
  • ②放射線治療実績(種々のがん50例、小線源治療10例、定位放射線治療、強度放射線治療各10例)
  • ③放射線治療の品質管理・安全管理