教育モデル

京都大学 | 三重大学 | 滋賀医科大学 | 大阪医科大学 | 京都薬科大学

大阪医科大学 – 教育内容の特色

大阪医科大学大学院医学研究科では、地域がん医療に貢献するがん専門医療人養成に重点を置き、地域がん診療拠点と密に連携してがん教育を推進し、化学療法専門医、放射線治療医、がん手術療法専門医を養成するコースを設けています。

化学療法専門医養成コース

1.養成する人材像:

・がん薬物療法の質の向上を目指して、臨床試験に関与し、緩和治療も行える人材

・先端的な臨床開発研究にも関与できる、臨床腫瘍学全般にわたる深い知識を持つ人材

2.期待される効果:

・地域においてがん患者の病状・病態にあった最も有効ながん化学療法を安全かつ適正に行うことが可能となります。

・がん薬物療法の質の向上を目しつつ、地域がん患者の精神的・身体的苦痛にきちんと向き合えることが可能となります。

3.教育内容の特色等:

地域がん診療連携拠点病院として指定されている附属病院や連携病院の協力により、緩和ケアチームやがん相談支援センターと密接に連携し、緩和ケアチーム活動やキャンサーボードに積極的に参加できます。

放射線療法専門医養成コース

1.養成する人材像:

・IGRT、IMRTなど新しい放射線治療技術を取得でき、国際的に活躍できる人材

・放射線治療において、患者の生命予後だけではなく生活予後にも配慮した治療を行うことができる人材

2.期待される効果:

安全性・有用性に優れた放射線療法を提供できる人材を育成することにより、地域がん患者の病状・病態にあった最も有効な治療方針が提供できるようになります。

3.教育内容の特色等:

地域がん診療連携拠点病院として指定されている附属病院や連携病院の協力により、放射線診断・IVRと放射線治療の両グループで連携して教育を実践します。

がん手術療法専門医養成コース

1.養成する人材像:

手術療法、抗がん剤治療、放射線治療等を場合により適宜組み合わせた最先端の治療法をマスターし、個々の患者にあった最善の手術治療を含めた集学的治療が提供できる人材

2.期待される効果:

  • ・手術療法、化学療法、放射線療法等の最先端治療をマスターし、最適の治療法を選択し、更なる予後を改善することが可能となります。
  • ・化学療法センターや放射線科とも連携し、患者のQOLを向上することが可能となる。
  • ・有効ながんに特化した外科医を養成することにより地域がん治療の均衡化と先進化を進めることが可能となります。

3.教育内容の特色等:

各地域及び医療施設間をテレサージェリーで結び、手術手技などのライブ講習の実施、ロボットsurgeryのように、新規手術手技の習得のため研修会の開催、及び3Dカメラ、術中ナビゲーションシステムを用い、手術手技の標準化を進め、がん専門医を目指す若手医師の教育の質向上を目指します。