高度がん医療を先導するがん医療人養成 -平成29年度 文部科学省 多様な新ニーズに対応する「がん専門医療人材(がんプロフェッショナル)」養成プラン-

menu

概要

事業目的

 わが国は世界に類を見ない超高齢社会を迎えるとともに生産人口の減少、少子化と社会構造が大きく変わりつつある。一方、科学技術の進歩もめざましく、医療の分野でも新技術が次々生み出されている。わが国が今後も健全な社会を維持するためにも国民の健康長寿は必須であり、中でもわが国の死因の第一位であるがん医療に関しては、最先端の医療技術を活用しながら、ライフステージに合わせた多様な新ニーズに対応できる医療人の育成が求められています。

 本補助事業では、京都大学、三重大学、滋賀医科大学、大阪医科大学、京都薬科大学の5大学が連携し、各大学の特色を生かした教育プログラムを構築することにより、プレシジョンメディシンを実現する「ゲノム医療」、これまで対策が不十分であった「希少がんや小児がん」、そして「様々なライフステージとニーズに合わせたがん医療」に対応できる高度がん医療を先導する医療人の育成を目指します。

 ゲノム医療では、ゲノム情報を理解し治療に結びつける医療人の育成に加え、家族性腫瘍などに対応できる臨床遺伝専門医や遺伝カウンセラーの育成を行います。希少がん、小児がんにおいては、病態解明および新規医療開発を荷う医療人を育成します。現在のがん医療は、社会構造の変化にも大きく影響されており、様々なライフステージとニーズに合わせたがん医療の提供が必要になってきました。特に、ロボット手術や高精度放射線治療など最先端の治療を担う人材に加え、がんの診断時から緩和医療を担える人材を育成し、幅広い領域の医療人育成とがん医療の発展に貢献するものであります。

概念図

事業の運営体制

①実施体制

【事業推進運営委員会】・・・連携5大学間 連携5大学事業としての企画立案・実施・評価の決定 (構成員) 事業推進責任者、連携大学担当コーディネーター、事業推進運営委員会委員 【養成管理委員会等】・・・各大学 各大学において、事業の実施に向けての現実的な取組を決定 (構成員) 連携大学担当コーディネーター、コースコーディネーター、事務局担当者

②評価体制

【外部評価委員会】 外部有識者を評価委員として外部評価を実施し、PDACサイクルを活用することで、プログラムの発展的な見直し行う体制を構築

③連携体制

【連携大学間】 5大学連携事業として、「5大学連携医療フォーラム」、「5大学連携海外合同教育セミナー」を毎年開催し、連携大学間の人材交流、多職種交流、国際交流を推進 【地域医療機関、民間企業等】 地域医療機関、民間企業等との連携した「シンポジウム」、「地域連携ネットワークの構築」を推進